トップページ

立身流佐倉支部は立身流が組織化された昭和52年から活動しています。
江戸時代に佐倉堀田家の武士が立身流の稽古をしていた演武場の跡地に建つ、佐倉市民体育館剣道場で稽古に励んでいます。立身流伝承の本拠地で稽古が出来ることを誇りに思っています。

立身流は総合武道なので習得すべき種目、内容が膨大です。その為それらを身につけるには長い時間を必要とします。仕事をしながら時間をやり繰りし稽古を続けるには大変な努力が必要です。
佐倉支部では継続できる人の入門を歓迎します(小学生・中学生の入門は認めていません)。